ハーメルン
予測不可能者  遠山キンジ
作者:caose

 学園島。
 そこはIS学園や武偵校と言った兵器を扱う事を主目的とした学校である。
 その島で武偵をしている青年「遠山キンジ」と個性豊かな仲間達が織りなす
物語・・・。
 「遠山君。一緒に太巻き食べよう。」
 「駄目ですよ飛鳥さん。キンジさんは私と勉強するんですから。」
 「おおいキンジ。夜桜と一緒に任務受けようぜ。」
 「キンジ。ちょっとここ分からないっす!」
 「キンジ。・・・一緒に出掛けよう。」
 「キンジさん。ネクタイが歪んでますよ。」
 「・・・なあ聞いていいか?」
 うん?何か??
 「・・・何で俺の周りにいる連中は皆胸がでかいんじゃあ!!!」
 ・・・(´・ω・`)知らんがな
 ・・・これは色んな意味でヒスル原因が多くある中で仲間達と共に困難とハーレム(本人の与り知れぬところ)を切り抜けようとする青年の物語である。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇予測不可能な始まり。
◇時は移ろいて。
◇運命の出会い。
◇ヤバけりゃ逃げろ。
◇少女の名前
◇次の朝。
◇忠告する。
◇カナメとキンジ
◇心配してくれる人たち
◇正義とは?悪とは?
◇いざ外へ。
◇心の中を曝け出せ。
◇大丈夫。
◇甘い空気。
◇それから。
蜂弾(ホーネット・バレット)
◇弾丸込めて
◇爆弾騒動。
◇倉庫にて
◇倉庫の中で  その2
◇倉庫での死闘

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析