ハーメルン
悪役の美学
作者:生カス

シンフォギアの悪役って必要悪だったり悲劇の悪役だったり最後なんやかんやで味方助けたりが多かったけど、純粋で救いようのない悪役って実はいなくないか? と思って書いてみました。
あるいはバットマンのジョーカーみたいな、あるいは時計仕掛けのオレンジのアレックスみたいな、あるいは羊たちの沈黙のレクター博士みたいな……そんなタイプとビッキーはどう接するんだろうという妄想です。

※題材の性質上、残酷な表現、不愉快な表現が多発しますので、ご了承の上ご閲覧ください。
~目次~

◇Number.01
◇Number.02
◇Number.03
◇Number.04
◇Number.05
◇Number.06
◇Number.07
◇Number.08
◇Number.09
◇Number.10
◇Number.11

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析