ハーメルン
Armee du paradis ー軍人と戦術人形、地の果てにてー
作者:ヘタレGalm

任務帰りに撃墜されて陸の孤島に迷い込んでしまった軍人がいた。敵地ど真ん中、正攻法での脱出は不可能。
ならばどうするのかーーーー答えは単純、戦力を増やして抜け道から突破してやればいい。

ちなみに突破した後のことは何一つとして考えていません。

そんな軍人と戦術人形が地の果てで織り成す、血と硝煙と小さな日常の物語。



微妙なキャラ崩壊、独自設定および独自解釈、現代兵器に架空兵器、ご都合主義などなどが含まれると思いますが、容赦願えると幸いです。基本的にドンパチとシリアスをメインに、ギャグをスパイスとしてお送りする予定です。
タイトルまた変わった?大変申し訳ございません。
~目次~

[1]次 最初 最後
第1章 墜落
◇任務帰りの不幸
◇先客の少女たち
◇基地再起動
◇反撃の狼煙
◇虜囚の人形
◇再会
◇PMC『Armée du paradis』、旗揚げ
◇ある朝の日常とグリフィンの思惑
◇間章 或る囚われの人形の話
◇暗中模索ー状況確認
◇暗中模索ー初弾装填
◇暗中模索ー照準指向
◇暗中模索ー銃爪引指
◇暗中模索ー銃弾飛翔、弾着
第2章 脱出
◇AR-15の半身
◇不本意な遭遇
◇十把一絡げ
◇愉快な仲間たちが増えた
◇ Armée du paradis スタッフファイル(ジョナス編纂)
◇今日もラ・パラディスは平和です

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析