ハーメルン
俺の周りが厨二ばかりなんだが助けて
作者:里江勇二

姉(魔王)にも勝てず、妹(鬼)にも勝てず
しかし姉の拳にも妹の脚にも死なぬ丈夫な体を持ち
彼女は持たず
決して作れず
一人静かに泣いている
一日にイケメン4人とリア充と少しのモテ男を妬み
あらゆる彼女持ちの欠点を
自分のことを棚に上げ よく見聞きし 分かり そして忘れず
コンクリートジャングルの住宅地の普通の一軒家にいて
東に男女混合で遊んでいる子供達があれば 見て 俺にはあんな時代無かったと嘆き
西に部活に疲れた男とそれを介抱する女があれば 見て 血涙を流し
南に 彼女と別れて死にそうになっている男があれば 指を指して プギャーと笑い
北に痴話喧嘩があれば いいぞ別れろと囃し立て
女日照りの日常には涙を流し
一生寒い俺の夏にオロオロし
みんなに残念野郎と呼ばれ
褒められはせず 苦にはされる
そういう者に
俺はなってしまった……

 そんな悲しい夜留さん家の涼也くんの、現代日本のくせに超能力やら何やら騒いでる周囲を見てドン引きを繰り返す日常。果たして涼也はみんなを厨二から救い出せるのか。それとも本当に能力は存在するのか。そして涼也は彼女を作れるのか(無理)。そんなお話。

 ※小説家になろうにも同タイトルで投稿しています
~目次~

◇俺の家族が厨二なんだけど助けて
◇怖い転校生が隣なんだけど助けて
◇怖い転校生が案内を求めてきたんだけど助けて
◇俺の友達まで毒されそうなんだけど助けて
◇蛇が将棋勝負をしかけてきたんだけど助けて
◇なんかでっかい蜘蛛に食われそうなんだけど助けて
◇何か転校生にキレられたんだけど助けて
◇転校生が襲ってきたんだけど助けて
◇俺まで厨二に飲み込まれちゃったんだけど助けて
◇美少女二人に看病されてるんだけど助けなくていいよ
◇スパルタ勉強会に強制参加なんだけど助けて
◇なんかやばい子がいるんだけど助けて
◇なんか初めての仕事が重いんだけど助けて
◇ちょっとマズイかもしれないんだけど助けて
◇初仕事のくせにキツイんだけど助けて
◇俺の後輩が何か変なんだけど助けて
◇後輩がお花畑なんだけど助けて
◇宿泊体験学習の班員が概ねどうかしてるんだけど助けて

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析