ハーメルン
ハリー・ポッターと透明の探求者
作者:四季春茶

「私はいつだって自分の興味、関心、知識欲に忠実なんです」

シャーロット・ポッター改めマーガレット・ノリスは今日も満面の笑顔で右手にフラスコ、左手に試験管を持ちながらそう言った。
……これは少し(?)薬学狂いの気がある女の子が、結果的に色々とかき混ぜながら学生生活を満喫する物語。


※警告タグは念のため
※一部オリキャラあり
※未定要素(恋愛など)の関係でタグが増減する可能性もあります
~目次~

[1]次 最初 最後
◇プロローグ
賢者の石
◇私の日常生活
◇非日常への誘い
◇魔法使いの杖
◇特急は邂逅の旅路
◇四色の可能性と選択
◇時は金なり学べよ乙女
◇大鍋ティータイム
◇トリック・アンド・トラブル
◇透明の定義
◇魔法薬と甘味料
◇鏡から始まる物語
◇天秤に干渉する方法
◇感情アンサンブル
◇人の心は珈琲より苦い
◇一年間の締め括り
◇闇鍋より迷走する考察
秘密の部屋
◇ラプソディ・イン・ブルー
◇自叙伝とうがい薬
◇恋焦がれる新学期

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析