ハーメルン
時を操る狐面の少女が鬼殺隊で柱を超えたそうですよ
作者:たったかたん

鬼滅の刃を知らないで転生した大竹雫は転生特典として時止めの力を知り、その力を磨き上げながら鬼滅の刃の世界で最強になっていくお話




~目次~

[1]次 最初 最後
原作開始前
◇2つの人生の分岐点
◇自分の実力
◇初戦闘
◇初任務
◇時の呼吸
◇報告
◇産屋敷輝哉の企み
◇瞬柱
◇柱との鍛錬の日々
◇嫉妬
◇ 炎柱 煉獄槇寿郎
◇潜むモノ
◇魁
◇魁稽古
原作合流編
◇柱合裁判
◇炭治郎は理解する
◇胡蝶しのぶは忘れない
◇雫の刻は動きだす【記憶の断片(序幕)】
◇記憶の断片(壱)
◇記憶の断片(弐)

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析