ハーメルン
幻想郷の世界へと誘われて
作者:雑草 kuro

1人ぼっちでの人生の中で、生きる屍のような少年が幻想郷で経験することとは…?
八雲紫の手によって現代とは隔離された、忘れ去られた幻想郷へと訪れる主人公の運面はいかに…?!

て言う感じで書きたいものを書いていく感じです。

お気に入り登録もぜひお願いします!
恐らく誤字脱字や、文がおかしいと思う点があると思いますので、感想で教えてくれたら嬉しいです。
それと評価と感想も非常にモチベに繋がるので出来たらやって欲しいです!

この小説を読んで、面白いなぁと思って貰えたら幸いです!
最新話までぜひお読みください!!


挿絵として、主人公の服装を貼らせて貰います!アナログです。

【挿絵表示】


~目次~

◇始まり
博麗神社編
◇名前
◇名付け親
◇弟子入り
◇弾幕の撃ち方
◇初戦闘
◇白黒の魔法使い
紅霧異変編
◇覆うもの
◇異変の元へ
◇暗闇の少女
◇氷の妖精
◇門の前の真剣勝負
◇sidestory〜 自機組の活動
◇対峙する従者

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析