ハーメルン
歴史はヒーローになれるのか
作者:おたま

これは沢山の無個性の人たちが活躍する物語。

男の子は風邪を引いていた。暇つぶしの為に歴史の本を読んでいたら突然・・・


初投稿です。誤字脱字アドバイスなど、宜しくお願いいたします。

途中で、英文、ドイツ文がありますが、私は、英語もドイツ語も分からないので、グーグル翻訳を使用しております。ご容赦ください。

私は申し訳ないですが、アニメしか見ておりません。度々、設定を間違えてしまうかもしれません。なので、間違いを指摘していただけるようよろしくお願いします。

私はガラスのハートなのでそこまで強く言わないでください。落ち込んでしまいます。
~目次~

[1]次 最初 最後
幼年編
◇男の子は風邪を引いた
◇男の子は少し怖がっている
◇男の子はあやされている
◇男の子は通訳をする
◇男の子は開放する
◇男の子は寝ている
◇男の子は熟睡している
◇男の子は勉強している
少年編
◇少年は体を鍛えている
◇少年は競い合っている
◇少年は闘った
◇少年は夢を見つけた
◇少年は決心した
◇少年は頑張っている。
青年編
◇青年はさらに体を鍛えている
◇青年は宣言した
◇青年は試験を受ける
◇青年たちは闘っている
◇青年は一時安心する
◇青年説明を受ける

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析