ハーメルン
やはり俺がウルトラセブンなのはまちがっている。
作者:断空我

――あの日、俺達の運命ははじまったのだと思う。

高校の入学式の日、比企谷八幡は出現したワームホールによって宇宙空間に放り出されて死ぬはずだった。

生きたいと望んだ彼を一人の宇宙人が助けた。

時は流れて、高校二年生となった比企谷八幡は奉仕部に所属する仲間達と共に怪事件へ巻き込まれていくこととなる。


~目次~

◇第一話:奉仕部へようこそ
◇第二話:怪獣、拾いました!
◇第三話:緑の再来
◇第四話:宇宙の通り魔を倒せ!
◇登場人物
◇第五話:天国と地獄
◇第六話:チェーンメール事件
◇第七話:小町とダークマター
◇第八話:職場見学(八幡ルート)
◇第九話:職場見学(由比ヶ浜ルート)
◇第十話:ウルトラマンという名前の意味(前編)
◇第十一話:ウルトラマンという名前の意味(後編)
◇第十二話:亡霊のレイオニクス
◇過去編:宇宙のぼっち
◇過去編:戦士の頂に選ばれた少女
◇過去編:レイオニクスの美少女

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析