ハーメルン
高垣さんにフられました。
作者:バナハロ

この物語は、オリ主と高垣さんの修羅場を淡々と描いたものです。過度な期待はしないで下さい。
~目次~

プロローグ
◇未練があったって良いじゃない、人間だもの。
◇知り合いが有名人になっても、こっちの感覚はたいして変化しない。
◇居酒屋では(1)
◇元カノとの出会いは最悪。
◇楓さんの休日(1)
大人の中身が大人とは限らない。
◇恋愛経験のない成人女性は少女漫画脳。
◇エアコンは一人暮らしの社会人にとって生命線。
◇楓さんの休日(2)
本領発揮。
◇修羅場の始まりの日。
◇修羅場は連鎖する。
◇事務所にて(1)
◇どういう関係だよお前ら。
◇助力するからには全力を尽くせ。
◇楓さんの休日(3)
◇ホラー映画は一緒に観に行く相手を選べ。
◇泊まるな。
◇楓さんの休日(4)

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析