ハーメルン
ごちうさ世界ならば、どんなに重い設定も浄化してくれる
作者:Scharn_BC

ごちうさは尊い。
少しつらい境遇の女の子でも、重い設定ごと浄化してくれるだろう。(他人事)
両親を亡くした主人公はリゼの屋敷でメイドとして住み込みで働くことに。
過去の経験から、自分に良くしてくれるリゼ達を「家族」だと思えない主人公。
「中学を卒業したら、自由にしていい」という母の言葉。
少女は自分の将来について向き合い始める。
初投稿につきクソ雑魚語彙力にクソ雑魚表現力にご注意ください。
~目次~

◇第一羽
◇第二羽
◇第三羽
◇第四羽
◇第五羽
◇第六羽

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析