ハーメルン
鬼滅から小鬼殺しへ
作者:清流

鬼滅隊の柱だった男が、日輪刀ひっさげて四方世界に。
鬼狩りと小鬼殺しが交わる時、何が起こる?

※申し訳ありませんが、完感想返しが厳しくなってきましたので、基本的に返信はなしにさせて下さい。返信はなくとも、ありがたく全て読ませて頂いてますので。
※色々意見を伺った結果、断章を時系列順に本編に入れました。

~目次~

序章:『鬼斬り』
◇プロローグ:雲柱と呼ばれた男
◇神々は骰子を振る
◇01:不運なる死/幸運なる邂逅
◇02:滅びた村
◇03:雲柱
◇04:予期せぬ契約
◇05:鬼斬り
◇06:休日
◇07:護衛依頼
◇08:一年
◇断章01:竜巫女
◇断章02:深奥なる鋼の秘密
◇09:合縁奇縁
◇断章03:義兄のような人/とんでもない王都土産
二章:『小鬼殺し』との邂逅
◇10:出会い
◇断章04:ある幸運な冒険者のお話
◇断章05:異端なる柱
◇11:深い傷跡

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析