ハーメルン
ようこそ人間讃歌の楽園へ
作者:夏葉真冬

「静かに暮らしたい。ただただ甘い蜜だけ啜りたい。誰かの一番になりたい。
 大いに結構じゃないか、上等だよ。
 人間ってのはどこまでも利己的で、どこまでも醜くて、どこまでも愚かしくて、
 それでどこまでも愚直で、けれどだからこそ美しいんだからさ」


これは人間讃歌を謳う男が征く、実力至上主義の物語。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇彼は強か少女と出会う。
◇彼は学校について思考する。
◇彼は同窓の徒を分析する。
◇彼は仮説を検証する。
◇彼は彼女に尋ねる。
◇彼は孤独少女と友達になる。
◇彼は俺様御曹司に呼ばれる。
◇彼は強か少女の頼みを断る。
◇彼らは希望へ向けて結託する。
◇彼は孤独少女に協力する。
◇彼はAクラスの女王と出会う。
◇彼は強か少女を従える。
◇彼は孤独少女の兄と出会う。
◇彼らは今一度説得を試みる。
◇彼は学徒の王と契約する。
◇彼は今後の仕込みに奔走する。
◇彼は不良少年を手懐ける。
◇彼らは予想外の事実を知る。
◇彼は快活少女に打ち明ける。
◇彼らは最初の関門を突破する。

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析