ハーメルン
狼が斬る
作者:hetimasp

見知らぬ建物の中に、狼は佇んでいた。
ススキの生える平原ではなく、まるで知らない建物であった。
己は自刃して死んだはずであった。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇00プロローグ 彼岸の向こう側
◇01 新たな主と任務
◇02 教え子
◇03 掟
◇04 強敵の気配
◇05 痛み
◇06 革命軍の
◇07 鼠狩り
◇08 疑念
◇09 怨嗟
◇10 怨嗟斬り
◇11 語らい
◇12 喧嘩
◇13 始まるまで
◇14 始まり
◇15 忍びの業
◇16 狼の子
◇17 葦名流の忍び
◇18 命の在り方
◇19 エスデス

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析