ハーメルン
ダンブルドアは自由に生きられるか
作者:藤猫

ダンブルドアの不穏なフラグを徹底的に叩き折って、その後に残るものはなんなのか。

あの、策略家なあの人が何の憂いも無く生きてほしく、フラグを叩き折る人を突っ込んでみた。

ダンブルドアも思えば、誰にも守ってもらえなかったいつかの子どもであるのかと。
~目次~

◇ダンブルドアは自由に生きられるか
◇少なくとも自由である
◇遅い思春期
◇特異なもの
◇幸福な不幸
◇止まり木の人

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析