ハーメルン
私は護る小人を
作者:丸亀導師

時は帝国アルヌス進行前の事、帝国領内の村が賊に教われているのを付近警戒中の薔薇騎士団・赤薔薇隊が聞きつけ、対応に駆けつけた。
そこには見慣れぬ鎧を纏った騎士が、血を滴らせる剣を手に亡骸を見ている姿があった。
彼女達は知ることになるだろう、古の時代彼が何者であったかを。

同時刻コダ村に住むテュカは、幼き日の先祖から聞いた話を夢で見ていた。
それは、エルフの伝説。遥か古の時代の話を…。


~目次~

[1]次 最初 最後
◇設定(ネタバレ注意)
◇第1話 奇怪な騎士
◇第2話 すれ違い
◇第3話 緑の人
◇第4話 騎士の誉れ
◇第5話 護るべき者
◇第6話 神話
◇第7話 姫様の受難
◇第8話 同調する世界
◇第9話 不死人
◇第10話 薪の王
◇第11話 始まりの火
◇第12話 本
◇第13話 闇霊
◇第14話 埋もれるもの
◇第15話 狩り
◇第16話 訪ね人
◇第17話 ソウルの理
◇第18話 立ちしもの
◇第19話 揺れるもの這い出すもの

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析