ハーメルン
大嫌いな貴女へ
作者:赤い箱

善良で優しく、ヒーローのように救ってくれる。

類稀なる才能を持って生まれ、多くの者から尊敬される男。

だがそんな人間居るわけない、彼の心は傲慢と偏見に溢れ。
嫉妬と憎悪にまみれながらも、なんやかんやで勘違いされる物語。


「え、なんでそうなるの?」
~目次~

[1]次 最初 最後
無印:前世のない少年
◇嫉妬
◇夢
◇もしかしたら
◇他人から見たヒーロー
◇二人の兄
◇マイナス
◇長男
◇魔法使い
◇幼き英雄
◇全集中の呼吸
◇同類にして対照
◇異能者
◇主人公設定
◇家族愛
◇今はまだ幼き運命
◇名前を呼ばれた
◇協力者
◇ゲームスタート
◇ぼくのかんがえたさいきょうのアリサバニングス
◇友情と無情

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析