ハーメルン
狂犬と消失少年
作者:火の車

彼はそこそこ満足して今まで生きてきたと思う。
 家族もいて、友達もいて、大きな病気もなく、何不自由なく過ごしてきたと思う。でも__
 
『__佐藤、上だー!』
 
 彼の日常はあの時に大きな音を立て、崩れ去った。
 これは、失った少年と狂犬の少女の物語。

3月7日:タグ追加
~目次~

[1]次 最初 最後
◇序章
◇第一の消失
◇嘘を知る
◇誰も救えない
◇手招き
◇引き取り手
◇対面
◇銀髪の女の子
◇湊友希那
◇第二の消失
◇新しい場所
◇羽丘へ
◇ギャラクシー
◇生徒会室にて
◇テスト期間
◇サポート
◇氷川日菜
◇ライブ当日
◇バスの中で
◇飯盒資産と部屋

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析