ハーメルン
やはり伝説の餓狼達が俺の師匠なのは間違っているだろうか。
作者:佐世保の中年ライダー

小学三年生の夏休みに伝説の餓狼と呼ばれる男達と出会い、鍛えられた少年比企谷八幡は心身共に成長し、やがて進学校である総武高校へ入学。
続けざまに美しき少女達と出会い、関わることで新たな物語が始まる…のか?

~目次~

[1]次 最初 最後
◇少年は、伝説の狼と出会う。
◇少年は、餓狼達と出会いそして…
◇少年は、餓狼の出陣を見届ける。
◇少年は、闘いの始まりを見る。
◇少年は、闘いの結末を見届ける。
◇少年は、狼に決意を伝える。
◇少年は、餓狼達と共に家族と向き合う。
◇少年は、遂に修行を始める。
◇少年は、餓狼と共に修行の日々を送る。
◇伝説の餓狼達が俺の師匠なのは間違っているだろうか。
◇やはり入学式の日に無傷で犬を助けるのは間違っている。
◇やはり、女子と話すのはハードルが高い。
◇入学の日に人生初の友達が出来るのは間違っている?
◇高校生活を振り返って その1
◇高校生活を振り返って その2
◇高校生活を振り返って その3
◇高校生活を振り返って その4
◇高校生活を振り返って その5
◇高校生活を振り返って その6
◇高校生活を振り返って その7

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析