ハーメルン
鬼狩りは嗤う
作者:夜野 桜

鬼が許せない、鬼は許さない。
幸せだったあの時の日常は簡単に壊れた。
全てを失ったあの時に僕もまた、簡単に壊れたんだ。

~目次~

[1]次 最初 最後
◇懐かしい夢
◇少女との出会い
◇村の異変
◇まやかしの御堂
◇十二鬼月の少女 上
◇十二鬼月の少女 中
◇十二鬼月の少女 下
◇鬼狩りの想い
◇蝶屋敷の休息
◇月夜の悩み
◇空虚な理由
◇鬼狩りの迷い
◇壊れた幸せ
◇月夜の涙
◇変化
◇鬼狩りの休み
◇胡蝶家の娘達
◇鬼殺の剣士
◇澱んだ街
◇鬼と人

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析