ハーメルン
黒い戦士がダンジョンに行こうとするのは間違っているだろうか
作者:柔らかいもち

 力が欲しかった。誰よりも強い力が。どんな存在にも奪われることのない力が。
 原作開始の少し前からスタートです。この話はファミリアクロニクルのネタバレを含みます。それが嫌な人は見ないことを進めます。
 レインを知らない人でも問題ないです。
 作者の力不足でキャラ崩壊することがあります。なるべくキャラが崩壊しないようにしたいですが、見つけたら寛大な心で見逃してください。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇1話 プロローグ
◇2話 厄介な美の女神
◇3話 砂漠の町
◇4話 少女の正体
◇5話 砂の海を渡る
◇6話 女神の神意
◇7話 少年の嫌いなもの
◇8話 統世の魔女
◇9話 少女が『力』を求める者は
◇10話 少女の証明
◇11話 砂漠の旅の終わり
◇12話 冒険者登録
◇13話 もう一つの目的
◇14話 異端児
◇15話 金の剣士と黒い戦士
◇16話 言い訳という名のデマ
◇17話 こんにちは深層
◇18話 誰が助けたのか?
◇19話 いろいろアブナイ
◇20話 怖い話

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析