ハーメルン
雪音クリスがやってきた
作者:白黒犬カッキー

「ノイズもシンフォギアも存在しないだぁ!?」


「うん、めっちゃびっくり」

「そう言うお前はなんでそんな冷静なんだ!?」

「それはもう前にめっちゃ驚いたからね」


ガチャを引いたら雪音クリスが来ました(現実)に

注意※これは作者の夢の中で出来上がった作品です。

~目次~

[1]次 最初 最後
番外編
◇マリアの誕生日
◇ハロウィン
◇ハロウィンpart2
◇1月19日(前編)
◇特別篇
◇戦姫じゃなくて歌姫だよクリスちゃん 前
本編
◇1話 目が覚めたらクリスがいた件について
◇2話 本望でございます
◇3話 やはり可愛い
◇4話 その時少年の意識は途絶えた
◇5話 日本からタイは5時間かかります
◇6話 記憶抹消
◇7話 記憶隠して記録隠さず
◇8話 1人は寂しいもの
◇9話 そこには怒りの推しがいた
◇10話 正座は続くよいつまでも
◇11話 お金?野暮な事は聞いちゃいけねぇ
◇12話 少年はダメージを負った!
◇13話 これ以上はダメ
◇14話 信じたくない

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析