ハーメルン
アンダードッグは彼女の横で
作者:島流しの民

元子役であった犬山千景は、同期であった天才少女、百城千世子に追いつけないままその役者生命を終わらせた。
劣等感に苛まれ、嫉妬に燃えながらも、百城千世子を愛する犬山千景。歪んだ感情を胸に、今日も彼女は千世子の幼馴染として普通の人生を歩んでいく。


彼女は今も尚、百城千世子の背中を眺めながら、その後ろを歩いている。

いつか、彼女の隣に届くことを信じて。
そこで、共に笑いあえることを信じて。
~目次~

◇Scene1:負け犬
◇Scene2:レーゾンデートル
◇Scene3: Les Misérables
◇Scene4: 百城千世子
◇Scene5 : 情けない
◇Scene6 : 夜凪景
◇Scene7 : 大黒天
◇Scene8 : わかんない
◇Scene9 : 世界で一輪の薔薇
◇Scene10 : デート
◇Scene11 : 私の知らない貴女の横顔
◇Scene12 : 決心、またの名を蛮勇
◇Scene13 : 嘘吐きは人生の終わり
◇【幕愛】真っ赤な空を見ただろうか
◇Scene14 : オーディション
◇Scene15: 売り込み
◇Scene16 : おしるこ
◇Scene17 : エステル

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析