ハーメルン
古き死の王の目覚め
作者:流星カナリア

オーバーロードのファンタジーパロです。

300年前、強大な魔力を持つモモンガと呼ばれる魔法詠唱者がいた。しかし、その身に宿す力は余りにも大き過ぎた。ある時、彼の魔力は制御を失い暴走する。その結果、彼の体は人間からアンデッド――オーバーロード――へと変わってしまった。彼は暴走する魔力を抑え込む為、長き眠りにつく事を決意する。そしてそれから300年……再び彼は、目を覚ます。

※ファンタジーパロなので、原作の設定とは大きく異なっております。つまり独自設定・独自解釈・独自展開しまくりです。むしろそれしかありません。注意はしましたので、読んでからの苦情は受け付け無いです。あらかじめご了承下さい。
※設定の都合上、この世界に法国は存在しません。ですが、その他の国々は大体原作通り存在します。しかし、内部の情勢等細かい所が原作とは少々異なる国もあります。
※NPC達はいません。とあるギルメン達とは後々出会いますが、出るのは三人だけです。

この世界の魔法について……500年前、始原の魔法と呼ばれる魂を用いて発動させる魔法が存在した。それらを扱う、特に優秀な魔法詠唱者達が、より効率的で高度な魔法を求め、位階魔法を開発する。その後、位階魔法が世界の主流となった為、始原の魔法は廃れていき、今では使える者が殆ど存在しない。

ワールドアイテムについて……この世界におけるワールドアイテムとは、位階魔法を開発した魔法詠唱者達が作り出した、特殊なアイテムの事。それらは始原の魔法と位階魔法、その両方を用いて作られた為、現在の技術では新たに作り出す事は限りなく不可能に近い。なので、現存するワールドアイテムはかなり厳重に保管されている。本編ではまず殆ど出てこないと思いますが、世界観の説明として書かせて頂きます。

ある程度ストックが溜まり次第投稿する流れになります。気長にお待ち下さい。


~目次~

王国編
◇Prologue
◇第1話 目覚めの時
◇第2話 歪んだ正義の行方
◇第3話 『アインズ・ウール・ゴウン』
◇第4話 皇帝とエンリ・エモット
◇第5話 幕間:モモンガ、エ・ランテルに行く
◇第6話 同盟締結
◇第7話 戦争準備とそれぞれの思い
◇第8話 開戦
◇第9話 蹂躙
◇第10話 終戦
魔導国編①
◇第11話 頑張るエンリさん
◇第12話 魔導王とアインザック
◇第13話 ハムスケ
過去編
◇第14話 500年前
◇第15話 動き出す者達

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析