ハーメルン
氷華は戦姫の隣で咲き誇る
作者:クロウド、

 死神、日番谷冬獅郎は滅却師との戦いで寿命を削り、その数百年後に命を落とした。だが、彼が気付くと彼は人間の体を持って生まれ変わっていた!

 そこにはホロウも死神も存在しないが、ノイズと呼ばれる特異災害が人々の暮らしを脅かしていた。

「今の俺は護廷十三隊じゃなければ、隊長でもねぇ……!

 ―――今の俺はテメェらの味方だ」

 氷の華は歌姫の隣で咲き誇る。
~目次~

◇プロローグ
◇この世界での冬獅郎
◇死神と拳
◇剣と槍と『死神』と
◇特異災害対策機動部二課
◇夜空の下で
◇DEATH&WING 1
◇My your protect
◇The grando of death
◇DEATH&WING Ⅱ
◇Durandal
◇獣
◇Things transmitted from the blade
◇不変
◇新たな力
◇誇りを鎧に、歌を力に

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析