ハーメルン
朝起きたら、電子記録に残せない美少女になっていた
作者:八澪肆々

朝起きたら、胸に脂肪がついていた。
髪が肩に掛かるほど伸びていた。
身体は細く、肌は白く、まるで自分の体じゃないみたいだった。
慌てて背面台に駆け寄るも、その鏡は美少女を映し出していた。
夢じゃなく現実だと知った俺は、迷わずスマホのカメラで自撮りした。
「あれ、写ってない」
撮影したはずの自分の姿は、何故かどこにも写ってなかった。
……という短編。
~目次~

◇朝起きたら、電子記録に残せない美少女になっていた

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析