ハーメルン
飛天の剣は鬼を狩る
作者:あーくわん

これは飛天御剣流を扱う剣士が鬼殺隊として人々を守ったら・・・というお話



思いつきで書く初投稿です。暖かく見守ってください。



評価・感想をいただけると泣いて九頭龍閃します。





11月8日 完結
現在外伝執筆中
~目次~

[1]次 最初 最後
◇第壱話 別れ
◇第弐話 旅立ち
◇第参話 邂逅
◇第肆話 鬼殺隊
◇第伍話 煉獄邸へ
◇第陸話 炎柱との稽古
◇第漆話 御館様
◇第捌話 岩の呼吸
◇第玖話 風の呼吸
◇第拾話 雷の呼吸
◇第拾壱話 水の呼吸
◇第拾弍話 恩返し
◇第拾参話 最終選別
◇第拾肆話 新たな旅立ち
◇第拾伍話 初任務
◇第拾陸話 十二鬼月
◇第拾漆話 蝶屋敷
◇第拾捌話 憧れ
◇第拾玖話 蛇
◇第弐拾話 始まりの呼吸

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析