ハーメルン
【仮題】雪柱の男
作者:窮鼠猫を噛み噛み

鬼殺隊には多くの噂を囁かれる男がいた。

曰く剣術で右に出る者はいない

曰く剣に狂い剣に魅了された狂人

曰く必要であれば仲間を切り捨てる程冷酷

曰く鬼殺隊の8割りから畏怖され忌避されている

曰く―――曰く―――曰く―――。

悪評から好評まで多くの噂を囁かれる人物。
雪柱 鉢特摩白叡が人間関係に悩みながら鬼殺隊として鬼を斬る話。










【注意】
・読む前に1度タグと注意書きにしっかり目を通してからお読みください。(足りてないタグがあればコメントお願いします)
・作者は日本語2年目です。イミフな日本語多いですが大目に見てください。文章構成も下手なので頭痛や吐き気、目眩を感じた際は即ブラウザバックしてください。自分の体を第一に考えて下さい。
・他作品の技をベースに考えた技も登場します。なのでパクリ(自覚あり)と言う批評は受け付けません。
・主人公の性格や境遇は作者の趣味ですので過度なツッコミは控えてください。泣いちゃいます。
・誤字脱字が目立つかも知れませんが、教えていただけるとありがたいです。←ここで作者の好感度を上げに来てください。
・コメントでの誹謗中傷及び読者同士の喧嘩はNG。節度と礼節を弁えて楽しんでください。
・感想やアドバイスは歓迎です。否定文だけでなく改善点を挙げていただけるとありがたいです。

以上が守れる、全然OK、体はいたって健康です、仕方ない読んでやろうって方はどうぞ。
誰がこんなの守るかボゲェ!、面倒くさアホちゃう、ゲロ吐きそう、頭痛が痛くなってきた、等の方はブラウザバックを推奨致します。

何卒よろしくお願いしますm(_ _)m
~目次~

◇はじまり
◇鬼と鬼狩り
◇少年の決断
◇修行と煉獄
◇御館様
◇初任務
◇冥土の悪鬼
◇変身の鬼

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析