ハーメルン
アマゾネスで男に生まれるのは間違っているだろうか
作者:舟山 小道

 アマゾネスという人種をご存知だろうか?

 褐色の肌が特徴の好戦的な人種。性格は大体が荒っぽくなるが、大人しい者もいる。強い雄を求め、その子供を孕む事を望む。恋をしたら非常にめんどくさく、何を言っても聞かない。弱者を蔑み、強者である事を至上とする。全ての人種と交配が可能である。生まれてくる子供全てがアマゾネスになる事。
 何より、女しか生まれない。

 これは、超天文学的な確率で男に生まれたアマゾネスの物語。

 ※初投稿故に稚拙な文章です。ご注意ください
~目次~

プロローグ
◇『鬼が生まれた日』
◇『親バカ』
10歳
◇『10歳』
◇『ステイタス』
◇『ランクアップ』

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析