ハーメルン
ふたりでいると
作者:享郎

 あなたが瞳に映るだけで、どうしてこんなにも愛しさが溢れてくるのだろう。

 君が視界に映るだけで、世界がこれだけ彩りに包まれるのはどうしてだろう。

 いつだって何よりこんな気持ちになれるのは、きっとあなた/君と二人でいるときなんだ。

 関わり合う中で互いの想いを擦り合わせていく、ある二人の高校生男女が過ごす日々にまつわるお話。

 感想や評価等、いつでもお待ちしております。
~目次~

◇プロローグ
◇またあえるとは
◇いつからだっけ
◇あなたばかりで
◇きになるばかり
◇ふれあいたくて
◇あなたとだけの
◇そんなところも
◇だれなんだろう
◇しらないくせに
◇どうしたらいい

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析