ハーメルン
異物 は 方舟の騎士達 を 観察 している
作者:神薙改式

自分が異物だと認識している男の日記。

ロクな事にならない自身の体質を隠して今日も男は箱舟の行く末を見守る。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇悪戯してた二人はしっかりと皇帝に叱られてた
◇まだまだ俺の黒歴史は終わってないと見た
◇モウマヂムリコワスギル
◇(喧騒の掟だコレェ!?)
◇「俺の前に立っていたのが悪い」
◇大分シュールな光景になるんだよなぁ…
◇幕間その1 笑顔は本来威嚇だった
◇幕間その2 暗闇に声掛けてたかも知れないの?
◇幕間その3 なんというかご愁傷様様だった。
◇オペレーター:フィッシャー
◇「あんのクソペンギンめェッ!!」
◇いざ夜の龍門市街へ!!
◇俺「本当に、申し訳ありませんでした」
◇「すっごいリアリティあるけれど流石にやり過ぎじゃない?」
◇「汗臭いおじちゃんありがとう」
◇その実態は『野蛮な臆病者』
◇なんかもう疲れた
◇それで寝不足になるとか幼稚園か!?
◇『人だった源石塊』
◇『嵌められた便利屋』

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析