ハーメルン
ベル君が最強のメイドさんなのは間違っているだろうか
作者:貴志部 矢賀

とある日のこと、祖父が言ったことがある。
ハーレムは男のロマンであるがベル、お主にはハーレム以上のことができると。
幼少期のベルはそれを躊躇わずに聞いた、その答えはそう、メイドさんであった。
なぜだかプロメイドさんに来てもらって講習を受けさせられ、途中から方向性が全く違うものになって、様々な体験をした。
これならば、ものすごいメイドさんになれるだろう。
~目次~

番外編(凍結)
◇番外編 アストレアレコード
◇番外編 アストレアレコード その弐
本編
◇ベル君は最強のメイドさんなのは間違っているだろうか
◇メイドさんの責務
◇メイドさんの受難
◇メイドさんの仲魔
◇ロキ・ファミリア
◇神様と外食に行く
◇見守る女神
◇怪物祭のこと
◇盗人小人と冥土さん
◇メイドさん闘法

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析