ハーメルン
凍て刺す零氷の刀使
作者:レイ1020

荒魂ーーーそれは、人間に被害をもたらす怪物。人々からは怪異、妖怪、悪霊などと呼ばれているが、その正体は”ノロ”と呼ばれる珠鋼(御刀の元となっている鉱石)を精製する際に砂鉄から出る不純物から発生している。その荒魂は、不定期で絶え間なく現れ、人々を長年苦しみ続けて来た。だが、人々には希望があった。その荒魂を唯一祓うことができる存在ーーー”刀使”。
 

芹代紫音。御刀”蒼月”に選ばれた紫音は、小さな頃から不思議な力があった。そんな力も彼女を気にもとめておらず、人々を脅かす荒魂を祓うため今日も疾走する。いずれその力が自分だけでなく自分の周りにも影響を及ぼすことも知らずに......。


基本的にストーリーに沿っていきますが、一部改変されている場面もあります。そんなところも楽しみにしつつご覧ください!
~目次~

始まりの編
◇プロローグ 
◇紫音の日常
◇荒魂との死闘?
◇討伐完了!
◇久々の立ち会い
◇親衛隊への勧誘
◇紫音の決意
◇親衛隊第五席
◇早朝の邂逅
◇親衛隊の任務
◇紫音の実力
◇認められた実力
胎動編
◇御前試合
◇襲撃の一閃
◇襲撃犯達の追跡
◇譲れない想い

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析