ハーメルン
魔女と聞いて弟子入りしたのですが、師匠の二つ名が『萌え袖』だった件について
作者:べあべあ

揺れる萌え袖! 握りしめるハサミ!

そしてフラッシュバック!


初めて会った魔女の一言!
「あぁ、貴方ってあの『萌え袖(笑)』の弟子なの(笑)」

誇りはハタキで落ちた!


消せない苦い過去はピーマンに詰め込み、今日も今日とて炊事洗濯!

~目次~

◇魔女と聞いて弟子入りしたのですが、師匠の二つ名が『萌え袖』だった件について

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析