ハーメルン
喩えるのなら故郷の深淵に似た
作者:adbn

恋人の腹部に灯った小さな青を見て、屍衣(シュラウド)の長子は柘榴が多産の果実であることを思い出した。冥府(ハデス)生まれの一番新しい神族×海の深いところから来た怪物(メロウ)なイデアズ。火炎色の(パイロープ)柘榴石(ガーネット)と魔導金属の指輪考えてる時が一番楽しかったです。いつもの人外要素いっぱいのシュラウド兄といつもの深海倫理観アーシェングロットがいる。※アズール男性妊娠※ツイステ受動喫煙
~目次~

◇喩えるのなら故郷の深淵に似た

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析