ハーメルン
鬼は鬼殺隊のスネをかじる
作者:悪魔さん

鬼の始祖には「馬鹿がうつる」と言われ。
鬼狩りからは「人を喰うより質が悪い」と言われ。
それでも彼は、スネをかじる。

これは、日本一チャランポランな鬼の物語。
~目次~

◇第一話 九時起きは辛い。
◇第二話 異能で楽をしたい。
◇第三話 煙草や酒より美味い血があるわけ無いじゃん。
◇第四話 誰かに養われる日々を貫き通すのが一番大事だから。
◇第五話 化け物相手に正々堂々とやる必要無いから。
◇第六話 俺は自分が楽になるための努力は惜しまないぜ。
◇第七話 俺の血は特効薬らしい。
◇第八話 兄貴はやっぱり〝弟妹第一主義〟だよな。
◇第九話 殺し合いに善悪だの正邪だの求めちゃダメだぜ。
◇第十話 アイツの方が鬼の首魁だろ。
◇第十一話 まだ生きておられたんですか。
◇第十二話 全部アンタのザ・自業自得だ。
◇第十三話 あいつと一緒になるのはなァ……。
◇第十四話 俺は永遠の二十代だぞ。
◇第十五話 耀哉を老いぼれにさせてやる。
◇第十六話 鬼殺隊は腹黒だらけかっ!
◇第十七話 野郎、学習し始めたな。
◇第十八話 俺は口で鬼を殺せるぜ。
◇第十九話 ワタシノ血ヲフンダンニ分ケテヤロウ
◇第二十話 敵が人間だった場合の方がヤベェ。

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析