ハーメルン
狩人様の英国魔法界観察録
作者:黒雪空

上位者と成った狩人は、人の中でほんの少しだけ優れた魔法族の存在知り、興味を持った。しかし自身が見に行くには、余りにも人からかけ離れ過ぎた。
だから、赤子の様な者をこさえ送り込む。今や限られた『人間』の記憶を元に、アルフレートとアリアンナ…いや、アルフレッドとアリアナを用意した。


上位者狩人様の作った、上位者でも人間でも、血族狩りや聖堂街の娼婦の彼ら本人でもない歪な二人がホグワーツに入学する話。ハリーと同学年、友人。
ただ魔法界に興味をもっただけの狩人様と、『父』である狩人様に与えられた使命を全うしようとしつつも、人格を有し思考する『アルフレッド』と『アリアナ』がハリーポッターの物語に入り込みます。
アルフレートもアリアンナも本人ではありません。混ぜ物がいっぱいしてありますが、成分0ではないです。

タイトルが『狩人様の』となって居ますが、狩人様本人はあまり出て来ません。それでもお話その物が全部狩人様が見たいからやった。
の様な有様となっております。


このお話の世界線ではヤーナムはイギリスに有ります。
カインハーストも遺跡もイギリスにあったという事にして置いて下さい。
~目次~

◇プロローグ
◇子供
◇悪夢から魔法界の入口へ
◇魔法に『夢』を見ない子供
◇再会
◇少女の汽車の旅
◇少年の汽車の旅
◇湖と城
◇『考え方』を読む帽子
◇その夜に
◇彼の悪夢
◇新しい環境
◇先生達
◇ホグワーツの獣

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析