ハーメルン
Re:上から目線の魔術師の異世界生活
作者:npd writer

その男、上から目線の天才外科医。

ーー全てを失い、彼は目覚める。


高層建築物や現代建築物が立ち並ぶ世界最大の都市、ニューヨーク。 

かつて同時多発テロにより超高層ビル2つを失ったこの都市は11年後の2012年、トニー・スタークが建設した高層ビル「スターク・タワー」の上空に出現したワームホールを経由し襲来した、宇宙軍の攻撃に遭う。しかしヒーロー達が結集したチーム「アベンジャーズ」の活躍によりその脅威は撃退された。
そんな、歴史に残る激戦が繰り広げられたニューヨークのダウンタウンには、最上階に特徴的なオキュラスを備える4階建ての洋館がひっそりと建っている。
その館には赤いマントを羽織る元天才外科医で、現在の『至高の魔術師』である男が居る。




彼の名はスティーブン・ストレンジ。またの名をドクター・ストレンジという。


彼はかつて全米で名を馳せた脳外科医だったが、ある日、交通事故により自身の才能でもありアイデンティティでもあった、「神の手」を失った。絶望に突き落とされた彼を導いたのは、ネパールはカトマンズにあるカマー・タージ。
その場所に行き着いたストレンジは年齢不詳の美しい女性魔術師、エンシェント・ワンと出会い彼女に才能を見出され、猛勉強と猛特訓を行ったストレンジは、魔術師としての才能を開花させた。

医師としてではなく魔術師として人を救う道を選んだ彼は、カマータージ史上最高の魔術師、ドクター・ストレンジとしてその名を轟かせる。

そんな彼がリゼロの世界に召喚されたエピソードである。



ドクター・ストレンジのモデルはMCU版ですので、イメージ像はベネ様演じるあのストレンジです。
~目次~

[1]次 最初 最後
第一章 激動の一日
◇一話 天才魔術師の異世界召喚
◇二話 いざ、異世界へ
◇三話 騎士団一同
◇四話 魔術師の過去
◇五話 大胆な交渉
◇幕間 バレンタインデー
◇六話 長年学び実践を積む
第二章 魔獣騒乱
◇七話 事態は急転直下に変化する
◇八話 喧騒と非常識は突然に
◇九話 攻撃されれば必ず報復する
◇十話 宣戦布告
◇十一話 至高の実力
◇十二話 殺戮の宴
◇十三話 終焉と平穏
◇十四話 終局
第三章 再来の王都
◇十五話 メイザース領へ
◇十六話 変人と変人
◇十七話 憧れと羨望
◇十八話 懸念は世の常
◇十九話 天才は全てを見透かす

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析