ハーメルン
【おばみつ】 心に燃える思いを 【鬼滅の刃二次創作】
作者:?がらくた

柱合裁判を終えた杏寿郎、伊黒、蜜璃の三人は甘味処に訪れた。
談笑を交えながら団子に舌鼓を打つと、茶を飲み過ぎたのか蜜璃は用を足しにいくといい、席を外す。
彼女が二人から離れると、伊黒はもったいぶって

「煉獄、お前になら甘露寺を託せる」

と彼に言い放った。
それを聞いた杏寿郎は……?




作者(?がらくた)からの注意と散文

煉獄さんの過去についてネタバレがあるので、注意してくれ。
あと地の文では伊黒さんの生い立ちは説明しないから、彼については本編で語られる所まで、原作に目を通しておくのを推奨するぞ。
でないと何故気持ちを伝えられないか、分からないからな。



伊黒さんは最終的に蜜璃に思いを告げましたが、現世での告白を諦めていた彼の背中を、二人と縁の深い煉獄さんが押していたらいいな(という妄想)で、本作が生まれたぞ。
~目次~

◇【おばみつ】 心に燃える思いを 【鬼滅の刃二次創作】

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析