ハーメルン
もしもオネストが綺麗だったのなら
作者:苦労人

作中最大最悪のオネスト大臣にマトモな精神をインストール!
腐り切った帝国の腐敗っぷり!
怒れる国民達による革命軍!
国土奪還を企む三方の異民族!
何の役にも立てない子供の皇帝!
戦争の火種を振り撒きまくるエスデス将軍!

「自分で選んだ道だけど、ストレスで食欲過多になるッ…!!」

問題だらけの帝国の大臣となったオネストは、果たして帝国を少しでもマトモにする事が出来るのか?
~目次~

[1]次 最初 最後
本編
誠実(honest)であれ
◇お菓子好きな女の子
◇正義に捧げよ
◇気分屋のチェシャ猫
◇帝国の盾
◇無垢な若者達
◇趣味と実利の諜報術
◇今を生きる「亡霊」
◇家族の為に
◇急襲
◇死者行軍
◇蹂躙
◇閑話 Remembrance
◇ポイント・オブ・ノーリターン
◇不意の邂逅
◇未だ進まぬ姉妹の時計
◇技術の進歩(継承)
◇更ける夜
◇彼女の旅の終わり
◇「◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎」

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析