ハーメルン
賑わいと二人静
作者:ユンカース

リンから文治のことを一方的に好きなだけなんじゃないかと言われたことを気に病み、元気をなくした姫子を女中たちが祭りに連れ出す、それでも不安なままの姫子は、龍子に肩を押されて自分から文治に気持ちを確かめてみようと決意する。

前半 姫子と女中の話 花塚家とお祭り会場
後半 文治と姫子の話 花塚家の縁側
となっています。祭り会場では文治が登場しないのでご了承下さい。

*タイトルの賑わいと二人静の二人静は花の二人静と二人きりで過ごす夜という二重の意味で使っています。二人静の花言葉「いつまでも一緒に」という意味も込めています。

~目次~

◇賑わいと二人静

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析