ハーメルン
最弱と言われた彼女は
作者:こたれん

そのウマ娘は平凡以下だった。何も持たず、ただ惨めで、泥臭く、そして誰よりも、全力だった。そんな彼女に俺は...
人生で予想だにしてなかった奇跡の物語が、はじまろうとしていた。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇はじまり
◇開幕前夜
◇薄れいく意識の中で
◇恐怖の先に
◇スタートライン
◇本能
◇才能と努力
◇ライバル
◇獣
◇祝福の雨
◇約束
◇もう1人の主人公
◇ラストラン
◇その背中を見た者達。
◇メッセージ
◇見たかった景色
◇伝わったもの。
◇有馬へ
◇あの日からずっと
◇ターフの上へ

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析