ハーメルン
もしも生物災害の封じ込めに成功していたら
作者:グレイソン

 国際平和維持機関SHIELDが存在していて、パンデミックを一時的にでもエピデミックレベルにまで抑えられていたら。
 そしてその中で、あの風船を自衛隊が回収していたら。
 彼を救助に送り込むのは当然ではないかと思いますよ。
 キャプテン・アメリカ ニューディールみたいな感じです。
 因みに、未完のまま放置三年くらいしていた物なので供養を兼ねての投稿です。気が向いたら続きを書くかも知れません。
 書く時は縦書きで書いてるので縦書きで読んで下さい。
~目次~

◇1
◇2
◇3
◇4

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析