ハーメルン
美少女精霊たちに愛されたいと頑張ったら最強の精霊使いになっていた
作者:平成オワリ

精霊は可愛い。精霊は美人。精霊はいい子。

俺は彼女たちのマスターとなってハーレムを作りたいと思っていただけなのに、なぜか信頼されまくった結果迂闊なことが出来ず、一生スタイリッシュに格好つけなければいけない人生になっていた。

カクヨム版
https://kakuyomu.jp/works/16816452220662991698

良ければよろしくお願い致します。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇第一話 俺の夢
◇第二話 精霊大戦
◇第三話 精霊
◇第四話 お前が欲しい
◇第五話 完全勝利
◇第六話 強さ
◇第七話 階位
◇第八話 想いの伝え方
◇第九話 契約
◇第十話 信頼
◇第十一話 撃退
◇第十二話 戦いの前に
◇第十三話 精霊大戦
◇第十四話 始まり
◇閑話
◇第十五話 怪物
◇第十六話 狂戦士
◇第十七話 守る力
◇第十八話 決着
◇第十九話 魔物襲来

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析