ハーメルン
学園お抱え装蹄師の日常 
作者:小松市古城

ウマ娘の世界に装蹄師を置いてみたくて思いつきで書きました。

淡々とウマ娘の世界を端っこから覗いてみた視点で進んでいきます。
ラブコメからややハードな展開がありつつで、基本はアニメの一期をベースにその裏側を作るイメージで書き進めております。

本編完結済みですがエピローグを細々と更新(予定)。現在別作にて脇道に逸れておりこちらはやや間隔が開く見込みです。

■本作の設定をまるっと流用して、山奥に蟄居した装蹄師&現役を引退したウマ娘の話を別作品として書いています。時間軸としては本作の本編完結以降から幕間までのぽっかり空いてるところを使ってる感じです。もしご興味あれば、こちらもよろしくお願いいたします。

「空を飛びたいウマ娘と山奥の装蹄師の話」
https://syosetu.org/novel/286483/



■本作を楽しんでくださっているSkyjack02さんが装蹄師のおっちゃんキャラをベースにした装蹄師さんを出演させてくれております(20話~)。そちらも是非何卒、よろしくお願いいたします!

「トレーナーは『青空《スカイ》』が見えない」
https://syosetu.org/novel/273727/



■本作の良き理解者(被害者)であらせられますzenraさんが、本作をベースに三次創作を執筆いただいております。
ぜひこちらも何卒、よろしくお願いいたします!

三次創作 とある装蹄師に自覚と反省を促す取材記録
https://syosetu.org/novel/270326/
~目次~

[1]次 最初 最後
◇1:造蹄
◇2:鉄のおっちゃん
◇3:珍しい来客
◇4:大人の仕事
◇5:幻のウマ娘
◇6:アクセルとブレーキ
◇7:進路相談
◇8:〇〇が戦車でやってくる
◇9:バブルと整備と鯛と
◇10:特別講義
◇幕間 トレセン学園 史料課研究員による報告書
◇11:アイスと情報
◇12:エアグルーヴお嬢ちゃん
◇13:筋と始末
◇14:夜の工房にて
◇ 15:朝の工房にて
◇16:皇帝の仮面をはずす時
◇17:鉄のウマ娘のつくりかた(上)
◇18:鉄のウマ娘のつくりかた(中)
◇19:鉄のウマ娘のつくりかた(下)

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析