ハーメルン
家出娘のなつき度が上がった。通い妻に進化した。
作者:夜桜さくら

海に消えてしまいたいと思っていた。
甘くないココアが愛おしかった。
もしかしたら、と思っていた。

夏の海は、ぬるかった。

だから心地いい。そんな口づけ。そんな誓約。
健やかなるときも病めるときも、共に喜び、悲しみ、あなたを愛します。
~目次~

◇夏夜の海、出逢いの日
◇いってらっしゃい/いってきます
◇私の名前/ぼくの名前
◇おやすみ/……おやすみなさい
◇いま何でもするって──/言いました
◇メリークリスマス/ハッピーバースデー
◇千夜さん/真魚さん
◇おかえりなさいっ/……ただいま
◇約束ですよ/はいはい。約束ね
◇言っておかないといけないことがあって/……なんですか?
◇将来の話をしようか/……はいっ

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析