ハーメルン
ゲートと加賀さん
作者:奥の手

艦載機を実機サイズにするという妙な遊びを覚えた加賀さんが、ある日海域を進んでいたらいきなり銀座の街に放り出される話。

門の向こうへ帰ろうにも、次から次へと湧いてくる鎧兵士。しかも虐殺までし始めた。
街ゆく人々が襲われる。男も、女も、子供も、老人も。
地獄のような銀座の空に、加賀さんは艦載機を解き放つ————。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇加賀と銀座
◇加賀と異世界
◇加賀とコダ村
◇加賀と自衛隊
◇間話 日本を飛んだ零戦のこと
◇加賀と逃避行
◇加賀とアルヌスの丘
◇加賀とイタリカ
◇加賀と戦争
◇加賀と日本
◇加賀と艦これ
◇加賀と箱根
◇加賀と本
◇加賀とヤオ・ハー・デュッシ
◇加賀と考え事
◇加賀と五分間
◇加賀とエムロイ
◇加賀と亜神生活
◇加賀とロルドム渓谷
◇加賀とジゼル

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析