ハーメルン
アンタがいなきゃダメなんだよ、バカ
作者:八咫ノ烏

 クラシック路線の終着点であり、最も強いウマ娘が勝つと言われる菊花賞の直前、アタシは━ナリタタイシンは無茶なことをして体調を崩した。なんとか菊花賞までにまともに走れる状態まで回復したとはいえ、力を出し切れることはなく、言うのも躊躇うほどの結果に終わってしまった。
 その後、疲れたとかアタシがとか色々ごねて走ることを諦めかけて、アイツに…トレーナーに思ってること全部ぶちまけて、そしてまた走ることを決めた。
 
 これは、そのあとに起きた、とても嫌な話。


※時系列的にはタイシンの育成イベントの『信じる』の数日後になります。
※担当トレーナーを看取るシーンが出てきます。苦手な方はご注意ください。
~目次~

◇第一話
◇第二話
◇第三話

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析