ハーメルン
(偽)吸血鬼お嬢様のバイオハザード
作者:朱と白

目を覚ましたら、大好きなキャラクターの姿で洋館の前に座っていました。
あとケルベロスの実物は気持ち悪かった。

※作者の見た夢を基に書いた作品です。
~目次~

◇(偽)お嬢様、ラクーンシティを目指す。
◇(偽)お嬢様、お茶を嗜む。
◇(偽)お嬢様、ラクーンシティを満喫する。
◇(偽)お嬢様、夜空に翔ける。
◇(偽)お嬢様、背伸びをする。

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析