ハーメルン
大和撫子、ロスリックにて不死になる。
作者:燻り沢

ある日グラス達同期五人がウマ娘用の新たなトレーニング装置を体験する為体育館に集まった。
 そこで同期五人は光る謎の文字に触れて薪の王達の故郷、ロスリックに飛ばされてしまう。
 彼女らの、不死となった体で、灰の使命と命の軽いこの世界に翻弄される日々がはじまる。

 今や彼女らは呪われた不死。火継ぎの先に何を見出すのだろう。

~目次~

[1]次 最初 最後
◇第1話 〜灰の墓所〜
◇第2話 〜初めての〜
◇第3話 〜灰の審判者との決着〜
◇第4話 〜エルの火継ぎの祭祀場探索〜
◇第5話 〜呪い、再会、報復。〜
◇第6話 〜告白〜
◇第7話 〜私が守る〜
◇第8話 〜冷たい谷の番犬〜
◇第9話 〜悪意、侵入〜
◇第10話 〜不沈艦〜
◇第11話 〜王〜
◇第12話 〜玉ねぎ〜
◇第13話 〜生贄の道〜
◇第14話 〜会議の前の戯れ〜
◇第15話  〜行き先〜
◇第16話 〜ヴィンハイムのオーベック〜
◇第17話 〜結晶の古老〜
◇第18話〜気付かぬうちに堕ちていく〜
◇第19話 〜深みへ〜
◇第20話 〜深みの主教たち〜

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析